tweetcounter

特筆すべきTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)について記録していきます。

スーパーボウル vs グラミー賞

2012/02/06(日本時間)にはスーパーボウル、翌週の2012/02/13(日本時間)にはグラミー賞と続けて大きなイベントがあった。

ここでは両イベント開催日のTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)を比較してみる。青色は2012/02/13、赤色は1週間前の2012/02/06のグラフを示している。瞬間最大ではスーパーボウルの方が上回るものの、グラミー賞では何度となくTPSの値が大きくなっている様子を確認できる。

  • 10秒平均全世界のTPS (tweets per second)

  • 60秒平均全世界のTPS (tweets per second)

広告

グラミー賞とTPS(tweets per second)

2012/02/13(日本時間)、米音楽界最高の栄誉とされる「第54回グラミー賞」の授賞式が行われた。イギリス出身の歌手、アデルさんが新人賞を除く主要3部門の独占を含む6部門を制覇した。

下記は青色のグラフが2012/02/13当日、赤色のグラフはその2週間前のTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)のグラフである。日本国内ではほとんど反応は見られないが、全世界で見るとTPSの値が何度も大きくなっていることがわかる。

  • 5分平均日本のTPS (tweets per second)

  • 5分平均全世界のTPS (tweets per second)

次に、LPT(Length Per Tweet、つぶやきの平均的な長さ)のグラフを示す。日本国内ではほとんど変化していない。一方全世界では授賞式の時間帯にLPTの値が何度も小さくなり、つぶやきの平均長が短くなっていることがわかる。

  • 5分平均日本のLPT(Length per tweet)

  • 5分平均全世界のLPT (Length per tweet)

次に、全つぶやきのうち、公式RTが占める割合のグラフを示す。全世界でみると公式RTの割合が増加している様子を確認できる。

  • 5分平均日本における公式RTが占める割合

  • 5分平均全世界における公式RTが占める割合

Twitter Recap: GRAMMYs 2012

  • People sent 10,901 Tweets per second (TPS) as Adele won Record of the Year — the peak TPS moment of the night.
  • “Grammys” was mentioned in more than 5 million Tweets on Sunday between noon and midnight PT.
  • The most mentioned artists (in descending order) during that same 12-hour period were: @OfficialAdele, @ChrisBrown, @NickiMinaj, @Rihanna, Whitney Houston.

ホイットニー・ヒューストンさん死去とTPS(tweets per second)

2012/02/12午前(日本時間)、アメリカを代表する世界的な女性歌手、ホイットニー・ヒューストンさんが02/11に亡くなったことが報じられた。この情報は twitter を通じて世界に伝えられた。

下記は青色のグラフが2012/02/12当日、赤色のグラフはその1週間前のTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)のグラフである。日本国内ではほとんど反応は見られないが、全世界で見るとTPSの値が大きくなっていることがわかる。

  • 5分平均日本のTPS (tweets per second)

  • 5分平均全世界のTPS (tweets per second)

次に、LPT(Length Per Tweet、つぶやきの平均的な長さ)のグラフを示す。日本国内ではアニメ放送に伴ってLPTの値が小さくなっている時間帯が見られるがこの訃報による反応は見られない。一方全世界では訃報の時間帯にLPTの値が大きくなって、つぶやきの平均長が長くなっていることがわかる。

  • 5分平均日本のLPT(Length per tweet)

  • 5分平均全世界のLPT (Length per tweet)

次に、全つぶやきのうち、公式RTが占める割合のグラフを示す。全世界でみると訃報に伴って公式RTの割合が急増している様子を確認できる。訃報を伝えたメディアや歌手のつぶやきを多くの人が公式RTしたものと考えられる。これがTPS全体を押し上げているとも考えられる。なお、値の落ち込みは観測システムの不具合によるものである。

  • 5分平均日本における公式RTが占める割合

  • 5分平均全世界における公式RTが占める割合

多数の公式RTが行われたつぶやきをいくつか掲載します。

ホイットニー・ヒューストンさんといえば、映画「ボディガード 」、そして「オールウェイズ・ラヴ・ユー (I Will Always Love You)」だと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

NFLスーパーボウルとTPS(tweets per second)

2012/02/06(日本時間)、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦スーパーボウルが行われ、ショナル・カンファレンス(NFC)王者のジャイアンツがアメリカン・カンファレンス(AFC)王者のペイトリオッツを21-17で下し、優勝した。

1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジャイアンツ (9-7-0) 9 0 6 6 21
ペイトリオッツ (13-3-0) 0 10 7 0 17

この試合によって全世界のTPS(tweets per second、一秒あたりのツイート数)が大幅に伸びた。特にハーフタイムと試合終了時にTPSが大きく伸びていることがわかる。今年のハーフタイムショーではマドンナが出演した。

なお、日本国内のTPSはほとんど反応せず、普段どおりだった。

下記の青色は2012/02/06当日、赤色は1週間前の2012/01/30のグラフを重ねたものである。

  • 10秒平均日本のTPS (tweets per second)

  • 10秒平均全世界のTPS (tweets per second)

  • 5分平均日本のTPS (tweets per second)

  • 5分平均全世界のTPS (tweets per second)

またLPT(length per tweet、つぶやきの平均長)が落ち込んでいることも確認できる。

  • 5分平均日本のLPT(length per tweet)

  • 5分平均全世界のLPT(length per tweet)

次に、下記の青色は2012/02/06当日、赤色は一年前のスーパーボウルのグラフを重ねたものである。この一年でツイッターが大きく成長したことが読み取れる。また、昨年も今年と同様にハーフタイムと試合終了時にTPSが大きく伸びていることがわかる。

  • 5分平均日本のTPS (tweets per second)

  • 5分平均全世界のTPS (tweets per second)

2012/01/28山梨県東部・富士五湖地震とTPS(tweets per second)

2012/01/28、山梨県東部・富士五湖で最大震度5弱の地震があった。

気象庁より引用

28日07時43分頃地震がありました。
震源地は山梨県東部・富士五湖  ( 北緯35.5度、東経139.0度)で震源の
深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定されます。

下記の青色は2012年01月28日当日、赤色は1週間前の2012年01月21日のグラフを重ねたものである。

地震に伴ってTPS(tweets per second)の値が大きくなっていることを確認できる。

日本国内のTPS (tweets per second)

またLPT(length per tweet、つぶやきの平均長)が落ち込んでいることも確認できる。

日本国内のLPT(length per tweet)

なお、最大震度5弱の地震のほかに、計5回の地震が連続して発生した。

28日07時39分頃 山梨県東部・富士五湖 M5.0 震度4
28日07時43分頃 山梨県東部・富士五湖 M5.5 震度5弱
28日07時46分頃 山梨県東部・富士五湖 M4.1 震度3
28日07時48分頃 山梨県東部・富士五湖 M2.7 震度1
28日08時04分頃 山梨県東部・富士五湖 M4.1 震度3
28日08時07分頃 山梨県東部・富士五湖 M3.3 震度1

TPS (tweets per second)のグラフをより細かい(5秒平均)で処理した者を以下に示す。それぞれの地震にTPSが反応している様子を確認できる。

次の動画ではTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。複数回発生した地震に伴ってつぶやきが一気に増えている様子が確認できる。

NFLプレーオフとTPS(tweets per second)

2012/01/09(日本時間)、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)プレーオフ1回戦の残り2試合が行われた。

この試合によって全世界のTPS(tweets per second、一秒あたりのツイート数)が大幅に伸びた。なお、日本国内のTPSは全く反応しなかった。

下記の青色は2012/01/09当日、赤色は1週間前の2012/01/02のグラフを重ねたものである。今回、当方の測定では公式発表された数値よりかなり上振れてしまった。

  • 2秒平均全世界のTPS (tweets per second)

  • 5分平均全世界のTPS (tweets per second)

次に英語によるツイートのうち、特定のキーワードに関する一秒あたりのつぶやき数を以下に示す。いずれも横軸は3日間分で値は5分平均で計算している。

  • ティーボウ選手に関するつぶやき。
延長戦開始直後のティーボウ選手のタッチダウンによる劇的な勝利によってTPSが伸びたようである。

この2年間でツイッターは8倍成長し、さらに加速。

twitterの分析を始めてそろそろ2年になる。普段は1年間のデータを公開しているが、これを2年間に変更してグラフを作ってみた。

TPS(tweets per second、1秒あたりのツイート数)は5分平均で計算し、データを間引く場合には5分平均データの最大値を採用している。

この2年間で全世界のTPD (tweets per day、1日あたりのツイート数)は8倍成長していることが確認できる。さらにその成長が加速しているように見える。一方日本国内のTPDは一定の成長をしているように見える。

 

[検証] 「1日のツイート数は約2億5000万」:Twitter CEOが明らかに

2012 あけおめ vs バルス

2012あけおめのTPS(tweets per second、1秒あたりのツイート数)は1秒あたりの瞬間最大ではバルスに及ばなかったものの、短期間のツイート総数ではバルスを上回ったようだ。なお、日本時間午前0時直後にツイッターに投稿しにくくなる不具合が起きた上でのデータであることに注意する必要がある。瞬間最大でバルスを上回った可能性はある。ツイート総数では10秒平均に加え、30秒平均、1分平均いずれもバルスを上回っていた。

青色: 2012 あけおめ
赤色: バルス

  • 全世界2秒平均TPS

  • 全世界10秒平均TPS

以下の動画ではTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。

2012/01/01鳥島近海地震とTPS(tweets per second)

2012/01/01、鳥島近海で最大震度4の地震があった。

気象庁より引用

平成24年01月01日14時37分 気象庁発表
01日14時28分頃地震がありました。
震源地は鳥島近海 ( 北緯31.4度、東経138.6度)で震源の
深さは約370km、地震の規模(マグニチュード)は7.0と推定されます。

下記の青色は2012年01月01日当日、赤色は1週間前の2011年12月25日のグラフを重ねたものである。

日本国内のTPS (tweets per second)

全世界のTPS (tweets per second)

またLPT(length per tweet、つぶやきの平均長)が落ち込んでいることも確認できる。

日本国内のLPT(length per tweet)

全世界のLPT(length per tweet)

次の動画ではTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。地震が発生した直後の14:30頃につぶやきが一気に増えている様子が確認できる。この地震は震源が非常に深いため、広範囲で揺れが発生した。そのため徐々にツイートが広がっているのが特徴的である。

2012 あけおめとTPS(tweets per second)

年越しの瞬間には多くの人が一斉に「おめでとうつぶやき」、「おめでとうツイート」あるいは「あけおめツイート」を行うため、TPS (tweets per second、一秒あたりのツイート数) の値が急激に増加する現象を観測できる。「おめでとうツイート」はいわゆる「おめでとうコール」や「おめでとうメール」と同じ類であるが、これらは電話回線の輻輳やサーバの過負荷の原因となる。

下記のグラフは日本国内におけるTPS、日本国内を含む全世界におけるTPSを示している。青色のグラフは2012年への年越しの値、赤色のグラフは一年前、2011年への年越しの値である。赤色と青色のグラフを比較することでこの一年でツイッターがさらに普及したことも確認できる。

前回、2011年への年越し(赤色のグラフ)ではよくわかるが、各国午前0時のタイムゾーンに合わせてスパイクが発生していることが確認できる。とりわけ、日本のスパイクが最も際立っていることが確認できる。ただ、2012年への年越しでは以下のように日本時間午前0時直後にツイッターに投稿しにくくなる不具合がおきた。そのためグラフが歪になった。

2012/01/01 14:30頃のスパイクは地震によるものである。

  • 日本国内10秒平均TPS

  • 全世界10秒平均TPS

  • 日本国内5分平均TPS

  • 全世界5分平均TPS

大晦日の2011/12/31はTPD (tweets per day、一日あたりのツイート数)も大幅に伸び、5000万に達した。これは東日本大震災台風第15号が上陸した際の記録を超えるものである。以下に大晦日の2011/12/31(青色)と前日の2011/12/30(赤色)のTPSを比較したグラフを示す。新年午前0時に向けてツイートが大幅に増えていることがわかる。

  • 日本国内5分平均TPS

  • 日本国内TPD

次に特定のキーワードに関する一秒あたりのつぶやき数を以下に示す。いずれも横軸は3日間で値は5分平均で計算している。

  • 大晦日

12/31午前0時にピークがあり、大晦日の一日を通してツイートが行われている。

  • 年越し

01/01午前0時直前にピークがある。

  • そば

01/01午前0時直前にピークがある。追い込みで食べているのかな。

  • 紅白

NHK紅白歌合戦の放送開始時にピークがある。

NHK紅白歌合戦の放送終了直前の結果発表時に急激なピークがある。ただ2011年は紅組が勝利した。

NHK紅白歌合戦の放送終了直前の結果発表時に急激なピークがある。2011年は紅組が勝利した。

  • 新年

言わずもがな01/01午前0時にピークがある。01/01 14:30のピークは後述の新年早々の地震に伴うものと思われる。

  • あけ

言わずもがな01/01午前0時にピークがある。昼間にもたくさん新年の挨拶が行われている。

  • おめでとう

言わずもがな01/01午前0時にピークがある。昼間にもたくさん新年の挨拶が行われている。

  • 初日の出

01/01午前7時頃にピークがある。

  • 初詣

01/01新年早々の深夜組と昼間組の2つのピークが確認できる。01/02に初詣に行く人も結構いるようだ。

  • 年賀状

01/01昼頃にピークがある。

  • お年玉

01/01午前にピークがある。

  • 福袋

01/01と01/02でそれほど変わらない。01/01から初売りをしているところがあるのかな。

  • 初夢

01/02午前にピークがある。皆さんどのような初夢を見たのでしょうか。

  • 箱根

箱根駅伝の”箱根”。

  • おやすみ

大晦日は”おやすみ”とツイートする人は少なくなるようだ。

  • 地震

01/01 00:30頃に新年早々の地震があり、また、14:30頃にはM7.0、最大震度4の大きな地震があった。

以下3つは英語によるツイートを分析した結果である。

  • new year

日本時間の 01/01 00:00、02:00、08:00、09:00、14:00、15:00、17:00にピークを確認できる。

  • happy

日本時間の 01/01 00:00、02:00、08:00、09:00、14:00、15:00、17:00にピークを確認できる。

  • year

日本時間の 01/01 00:00、02:00、08:00、09:00、14:00、15:00、17:00にピークを確認できる。

下記の動画ではTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。2012/01/01 00:00直後にTwitterに不具合がおき、ツイートしにくい状況が発生している。動画の中では「重い」「落ちた?」などのツイートが確認できる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。