tweetcounter

特筆すべきTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)について記録していきます。

グラミー賞とTPS(tweets per second)

2012/02/13(日本時間)、米音楽界最高の栄誉とされる「第54回グラミー賞」の授賞式が行われた。イギリス出身の歌手、アデルさんが新人賞を除く主要3部門の独占を含む6部門を制覇した。

下記は青色のグラフが2012/02/13当日、赤色のグラフはその2週間前のTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)のグラフである。日本国内ではほとんど反応は見られないが、全世界で見るとTPSの値が何度も大きくなっていることがわかる。

  • 5分平均日本のTPS (tweets per second)

  • 5分平均全世界のTPS (tweets per second)

次に、LPT(Length Per Tweet、つぶやきの平均的な長さ)のグラフを示す。日本国内ではほとんど変化していない。一方全世界では授賞式の時間帯にLPTの値が何度も小さくなり、つぶやきの平均長が短くなっていることがわかる。

  • 5分平均日本のLPT(Length per tweet)

  • 5分平均全世界のLPT (Length per tweet)

次に、全つぶやきのうち、公式RTが占める割合のグラフを示す。全世界でみると公式RTの割合が増加している様子を確認できる。

  • 5分平均日本における公式RTが占める割合

  • 5分平均全世界における公式RTが占める割合

Twitter Recap: GRAMMYs 2012

  • People sent 10,901 Tweets per second (TPS) as Adele won Record of the Year — the peak TPS moment of the night.
  • “Grammys” was mentioned in more than 5 million Tweets on Sunday between noon and midnight PT.
  • The most mentioned artists (in descending order) during that same 12-hour period were: @OfficialAdele, @ChrisBrown, @NickiMinaj, @Rihanna, Whitney Houston.
広告

グラミー賞とTPS(tweets per second)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:スーパーボウル vs グラミー賞 « tweetcounter

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。