tweetcounter

特筆すべきTPS(tweets per second、一秒あたりのつぶやき数)について記録していきます。

月別アーカイブ: 11月 2011

ソフトバンクホークス日本一と TPS (tweets per second)

2011/11/20、ヤフードームで日本シリーズ第7戦を行い、ソフトバンクが中日を3-0で下して4勝3敗とし日本一となった。

日本一が決まった瞬間に、10秒平均の計算で2384TPS(tweets per second)を記録した。

下記の青色は2011年11月20日当日、赤色は1週間前の2011年11月13日のグラフを重ねたものである。TPSが大幅に伸びていることが良くわかる。5分平均の計算では最大1399TPSを記録した。なお、10:25のスパイクは最大震度5強を記録した茨城県北部で発生した地震によるものである。

次の動画ではTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。日本一が決まった瞬間の22:03:22以降つぶやきが一気に増えている様子が確認できる。

#11年11月11日11時11分11秒 と TPS (tweets per second)

2011年11月11日。この日はきれいに”1″が並ぶ日とあって、各タイムゾーンの11時11分11秒において TPS (tweets per second) が伸びる様子を観測できた。

以下は日本語つぶやきについて計算した TPS である。これは5分平均で計算しているがTPSの値は平常時の倍に伸びていることが確認できる。

以下は世界全体のつぶやきについて計算した TPS である。各タイムゾーンにおいて TPS が伸びる様子を観測できた。

世界全体のつぶやきについて、2011年あけおめの際に観測されたグラフと重ねてみたのが以下のグラフである。青色は2011年11月11日当日、赤色が2011年01月01日でさらに11時11分11秒時刻をずらしてある。両グラフとも同じようにTPS が伸びる様子を観測している。

最後に日本時間の11時11分11秒前後における timeline動画を以下に示す。これはTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。11時11分11秒からつぶやき数が一気に増える様子が確認できる。

2012あけおめの際にどうなるのか楽しみになってきた。当日はここでリアルタイムにグラフを確認できます。

 

 

 

 

[不具合] 2011/11/08 の TPS (tweets per second)

2011/11/08 午後10時前から午後11時すぎにかけて twitter に不具合が発生した。特徴的な傾向が見られたので記録しておく。

青色のグラフが2011/11/08当日、赤色のグラフはその前日の世界全体のつぶやきのTPS(tweets per second、一秒あたりのツイート数)のグラフである。これらは普段使用している5分平均で計算した値をプロットしている。該当時刻でつぶやき量の落ち込みが確認できる。

次に、10秒平均で計算した値をプロットしたグラフを以下に示す。不具合が起きている間は TPS の値が細かく変化していたことが読み取れる。これは、一時的に不具合が復旧した途端に多くの方が一斉につぶやこうとしていたこと、あるいは、度々つぶやきが拒否されていたことが予想できる。

2011/11/03 茨城県南部地震と TPS (tweets per second)

2011/11/03に茨城県南部で最大震度4の地震があった。

気象庁より引用

平成23年11月03日19時41分 気象庁発表
03日19時34分頃地震がありました。
震源地は茨城県南部 ( 北緯36.0度、東経140.1度)で震源の
深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定されます。

地震発生直後のTPS(一秒あたりの投稿数(ツイート数))は10秒平均の計算ではおよそ最大2227、5分平均の計算ではおよそ最大1141だった。

また、つぶやきの平均長(length per tweet)が落ち込む様子も確認できた。

この時刻における timeline動画を以下に示す。これはTwitter(ツイッター)に対して行われた日本語による投稿のうち、ごく一部(全体の1%以下、抽出条件はランダム)を再生している。地震発生直後(01:00頃)からつぶやき数が一気に増える様子が確認できる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。